業務委託解約しないための知識

フリーランスで仕事をしようとすると、クライアントなどから仕事をもらうことが必要となります。
フリーランスになりたての頃には、「なかなか仕事が見つからない」と、感じている方もいるかと思います。
フリーランスになる前に、仕事を紹介されていればスムーズに仕事が出来ますが、そうでない方にとっては仕事を見つけるだけでも苦労するはずです。
そのため、仕事が決まると「すぐに契約」と、思われる方もいらっしゃいます。
契約を結ぶと、仕事をする上では安心感が生まれます。
しかし、契約内容などを確認せずに契約を結んでしまうと、後悔してしまう場合が出てきます。

まずは、業務委託解約しないための基本知識を知っておくべきです。
業務委託を受ける際には、「委任契約」もしくは「請負契約」という契約があります。
「どう違うのだろう?」と、思われる方も多いと思います。
委任契約の場合は、業務遂行を全体とした契約になります。
それに対して請負契約の場合は、業務遂行結果により、完成させることを目的とした契約を結ぶことです。
ということは、委任契約の場合には、仕事を継続的に頑張っていけば良いですが、請負契約の場合には完成させなければ契約違反になってしまう可能性があるということになります。
これらの内容も理解した上で、契約書を結ぶことが必要です。
また、契約書をチェックする際は、デフォルトルールなどもしっかりと確認することが必要です。
契約書の中には、様々なルールが定められており、これらのルールも細かくチェックしておいた方が良いでしょう。

これらを理解せずに契約を結んでしまうと、仕事上でのトラブルが起きた時、全責任が自分にかかってしまうこともあります。
このように、業務委託解約をしないためには、しっかりと契約書の内容を理解した上で契約をすることが基本となります。
そのための知識をこちらから学んでみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です